• 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら
あおいホームのブログ > 橋本 英樹 > 目の花粉症

目の花粉症2015.11.16


こんにちは!
大阪府堺市で自然素材をつかい、資産価値のある健康住宅を建てる
株式会社あおいホーム 代表 橋本英樹です。

目の花粉症にかかり、目が腫れています。

目を毎日5回ぐらい洗い、大分腫れが引きました。
目医者には、目の花粉症ですね・・・と診断されました。

この時期に花粉症??と思いますが、要するに目にゴミなどが入り、
アレルギー反応を示しているとのことでした。厄介です。
ゴーグルをして町中を歩くのも恥ずかしいので。
何とか対策をしたいもんです。

そうです、
最近の外の空気は、大分汚れているのです。

・黄砂

最近ではこの黄砂に化学物質がくっ付いて飛んできたりもしています。
・花粉
・PM2.5

・そして家の中でもカビやホコリなど空気は結構汚れているのです。

室内空気
花粉症
人体にとって必要な空気。
体内に取り入れるほとんどが室内空気です。

・・・そうです、
まずは、室内空気をきれいにすることが1番に必要です。

では、どうすればよいのでしょうか?

はい、ズバリ答えは換気です。
では、どのような換気が良いのでしょうか?

それは、室内に取り込む空気は花粉、PM2.5などを除去して
キレイな空気を室内に取り込むのがベストです。
窓を開けて、自然の風を取り込むのがベストではございません。

室内の汚れた空気も、速やかに外に排出する必要もあります。
部屋中の隅々の空気を換気することにより、
キレイに保つことができるのです。

では、どのような換気システムが良いのでしょうか?

それは、PM2.5などを除去する機能があり、
部屋の隅々まで換気することができる換気システムです。

しかし、それでは冬に換気すると寒い。
夏に換気すると暑いという問題が生じます。

そこで今主流になっているのが、熱交換型の換気扇です。

冬場室内が20度、外部が0度の場合、
外部の空気が室内の空気を排出する時に、
熱のみ交換され約17度になって外部の空気が室内に入ってくるシステムです。

熱交換型第1種換気システムがオススメとなるのです。

そのシステムとはどんなものなのか?

詳しくは、あおいホーム体感ギャラリーにて。
まずは空気の質をご体感くださいませ。
室内の臭いも気にならなくなります。

「住まいとは幸せの器です」住む方の笑顔を思い描き、私たちは家を建てています。
健康に役立つ住まいにご興味のある方は、ぜひお問い合わせくださいませ。


お問い合わせはこちら